犬派ですか?猫派ですか?
topimage2

猫の基礎知識

猫の食事

猫も犬同様、人間の食事と同じもの与えるのはよくありません。
また、猫は犬と違って、徹底した肉食動物です。
野生時代、ハンターである猫は、ねずみや小鳥など小動物を捕まえて食べ、
肉はもちろんのこと、内臓や軟骨も含めて丸ごと食べることで、栄養が満たされていたようです。
また、猫はグルメなので、一度おいしいものを食べるとそれより美味しくないものは食べなくなってしまうようです。
味付けの濃いペットフードだとか、人間の食べ物などを食べていると、もし病気になった時に、治療用の食事などを食べなかったりと
困ってしまうことなどがあります。
なので、子猫のときから与えるものには十分注意しましょう。

猫にとって必要な栄養素


動物が健康に体を維持していくために必要な栄養素は、「タンパク質」「炭水化物」「脂肪」「ビタミン」「ミネラル」の5つです。
肉食動物である猫は、特に高タンパク、高脂肪を必要とします。
猫の健康のためには、猫に合った栄養素をバランスよく体内に取り入れることができる食生活をおくることが何よりも大切です。
総合栄養食のキャットフードには、猫に必要な栄養素が含まれています。
1日の食事量は、キャットフードのパッケージに記載されている目安基準に猫の体調、体型を飼い主が考慮し、調整してください。
必要以上に食事を与え続けると肥満の原因となります。

▲ページのトップに戻る

 

子猫の食事(1歳未満)

子猫は、生後1年で成猫となるため、成猫よりも栄養分が多く必要です。
成長期は、子猫の骨格や筋肉の形成、内臓などの体の組織が急激に発達する時期です。
そのためにも、子猫の食事は子猫専用のキャットフードを与えてください。
子猫は成猫の約3倍のカロリーを必要としますが、消化機能はまだ未熟なので、一度にたくさんの量は食べられませんので、
1日の食事は3〜4回に分けてあげましょう。食事の量は成長にあわせて、少しずつ増やしてください。
離乳期の食事は、子猫専用のキャットフードをお湯でふやかしてやわらかくしてから与えてください。

▲ページのトップに戻る

 

成猫の食事( 1歳以上 )

この時期の食生活が、その後の健康を大きく左右するといっても過言ではありません。
成長期と同じ高たんぱく質・高脂肪のフードを与えていると、あっという間に太ってしまいます。
また、泌尿器系症候群(猫の病気でFUSと言う)になる猫が増えていますので、できればそれに対応した
低マグネシウムのキャットフードを選んであげるといいです。
肥満猫については、カロリーが少なく食物繊維を多く含んだキャットフードを与えてください。

▲ページのトップに戻る

 

高齢期の食事

猫の老化は、7〜8歳くらいから始まります。人間同様、個体差はありますが、運動量は減り、体の機能は徐々に衰えてきます。
若い頃と同じカロリーの食事を与えていては、肥満になり、体にいろいろな弊害がでてきますので、低カロリーのフードを与えるようにしましょう。
  高齢猫は、運動不足と腸の働きの低下から、便秘になりやすくなるので、食物繊維を多めにとらせるとよいでしょう。
また、12〜15歳くらいの高齢では歯槽膿漏になったりして、かたいものが食べにくくなりますので、食べにくそうになったら、やわらかいフードを選ぶことも大切です。
猫は一生の中の半分くらいが高齢期とも言えます。健康ならば15歳くらいまで生きることができ、20歳まで生きる猫も少なくありません。
食事や健康管理に気を配ることで、猫の老化の進行を遅らせることもできます。

▲ページのトップに戻る

 

 

pickup

ローソン
http://www.lawson.co.jp/
デュポン ライター
http://akiha-web.com/SHOP/7639/7750/list.html
犬メニュー
menu
犬メニュー
犬メニュー
犬メニュー
姪犬
猫メニュー
猫メニュー
猫メニュー
猫メニュー
猫メニュー
トップ
 
 

Copyright(C) 2008 Dog or Cat All Rights Reserved