犬派ですか?猫派ですか?
topimage2

犬の基礎知識

犬の食事

食事は、健康に暮らしていくために人間にとってもペットにとっても欠かすことはできないものです。 ましてや、犬は自分で食事を選ぶことができず、飼い主から与えられたもので栄養をとらなければならないので、 食事には十分に気を配る必要があります。 たまに人間の食事と同じものを与える方がいらっしゃいますが、人間の食事と同じものは、犬にとって栄養のバランスがよくありません。 人間と犬では、必要とする栄養素が違いますので、犬には犬にとって必要な栄養がバランスよく含まれているドッグフードをあげましょう。 現在は、さまざまなタイプのドッグフードが市販されています。 愛犬の健康のためにも良質なドッグフードを選ぶことも重要です。 そして、同時に新鮮なおいしい水を与えてください。 1日の食事量は、ドッグフードのパッケージに記載されている目安を基準に愛犬の体調なども考慮して調整してください。 必要以上に食事を与え続けると肥満の原因となります。

 

子犬の食事( 1歳未満 )

子犬は、生後1年で成犬となるので、子犬に必要な栄養分は成犬の約2倍必要と言われています。
栄養不足になると、しっかりとした骨格、筋肉の形成が行えなくなります。
そのためにも、子犬の食事は、子犬専用のドッグフードを与えてください。

まだ離乳を終えていない生後2ヶ月前の子犬には1日3回〜4回に分けて、
お湯をかけてふやかした派ピーフードとふやかしていないドライのままのものを半分づつ与えるといいでしょう。
生後3ヶ月からは、ドライフードをそのまま与えます。
生後7ヶ月あたりからは、1日の食事回数を2回にして下さい。

成犬の食事 (1歳〜6歳)

犬は約1年で成犬になりますが、順調に成長している犬なら、生後8ヶ月を超える頃から成犬用のドッグフードに切り替えます。
1日1〜2回に分けて、なるべく決まった時間に与えてください。
与える量ですが、ドッグフードなどのパッケージに記載されている分より、気持ち少なめにするといいでしょう。

肥満犬には、カロリーが少なく食物繊維を多く含んだドッグフードを与えてください。(肥満犬用のドッグフードがあります。)また、健康にこだわるのであれば、無添加ドッグフードなど安心なものを与えるのもいいでしょう。

高齢犬の食事(7歳以上)

7歳を過ぎる頃から、犬の老化が始まります。老犬は、運動量が少なくなり、また、消化器官も衰えてきます。
成犬と同じ食事を与えると、体型が肥満となりますので、成犬用よりも低脂肪、低タンパクで、ビタミン類が多く含まれた
老犬用のドッグフードに切り替えます。

高齢になると、歯が悪くなり、また嗅覚や味覚も低下するのでお湯でふやかしてあげましょう。

回数は、1日に2〜3回と分けてあげたほうが良いでしょう。

▲ページのトップに戻る

 

 

ドッグフードの種類

ドッグフードは、何十、何百種類のフードがあります。 そして、いくつかのタイプに分けられています。
それぞれに特徴がありますので、愛犬に合ったタイプのフードを選びましょう。

【ドライフード】
一般的に使用されている、水分含有量が10%以下で、カリカリになった固形状(ビスケット状)のフードです。
同じ重さの他のフードと比べると、タンパク質や脂肪、炭水化物などの栄養素が多く含まれるので、経済的です。
また、保存性もよく、開封後も腐ったり、カビがはえたりしにくいです。
フードそのものの水分は少ないので、十分な水と一緒に与えるようにしましょう。

【モイストフード】
水分含有量が25〜35%程度含んだ、やわらかいフードです。子犬や高齢犬にも向いていまが、
高カロリーなので肥満気味の犬や運動量の少ない犬の常食にはむいていません。
水分を保持するために、潤滑調整剤など、添加物も使用されています。

【ウェットフード】
水分が75%以上含まれているフードで、缶詰やアルミトレー、レトルトタイプに多く見られます。
牛肉、鶏肉、魚などの素材の味をそのまま生かすことができるので、犬も好んで食べます。
ただし、これだけでは栄養のバランスが偏ってしまいますので、常食とするときはドライタイプのものと一緒に混ぜて与えるようにしましょう。開封前は長期保存できますが、開封後は保存がきかないので、別の容器に移して冷蔵庫で保存して早めに与えましょう。 なるべく2日以内に使い切ってしまいましょう。

▲ページのトップに戻る

 

recommend

犬メニュー
menu
犬メニュー
犬メニュー
犬メニュー
姪犬
猫メニュー
猫メニュー
猫メニュー
猫メニュー
猫メニュー
トップ
 
 

Copyright(C) 2008 Dog or Cat All Rights Reserved