犬派ですか?猫派ですか?
topimage2

猫の基礎知識

猫の食事編U

キャットフード

キャットフードは、フードの中の水分含有量によっていくつかのタイプに分けられています。 それぞれに特徴がありますので、愛猫に合ったタイプのフードを選ぶとよいでしょう。

 

【ドライフード】

製品水分10%程度以下のフード。加熱発泡処理された固形状のものがほとんどです。水分含有量が13%以上では、カビが生えたりするので12%以下に保つ必要があり、安全性を配慮して多くは水分含有量10%以下となっています。

 

【セミモイストフード】

水分25〜35%程度のフードで、押し出し機などで製造され、発泡していないものです。水分保持のために湿潤調整剤を使用します。

 

【ソフトドライフード】

製品水分25〜35%程度のフードで、加熱発泡処理されています。水分保持のために湿潤調整剤を使用します。

 

【ウェットフード】

水分75%程度のフード。品質保持のために殺菌工程を経て、密封容器に充填します。密封容器には、缶詰、アルミトレーやレトルトパウチ等が使用されます。

▲ページのトップに戻る

 

猫に食べさせてはいけないもの


他にも猫が食べてはいけないものがたくさんあると思います。ここに記しているものは、ごく一部ですので、基本、市販の専用の食べ物以外与えないようにしましょう。

 

【タマネギや長ネギ】
タマネギや長ネギなどのネギ類やニラには、猫の血液中の赤血球を破壊する成分が含まれており、猫がネギ類を食べると急性の貧血を起こしたり、血尿を出したりします。毒性は加熱しても破壊されません。

 

【イカ】
「猫がイカを食べると腰を抜かす」と言いますが、これは迷信ではなく、生のイカを食べるとビタミンB1欠乏症を起こし、腰がふらついて歩行困難になることがあります。また、加工されたスルメイカなども、食べ過ぎると消化不良や嘔吐の原因になります

 

【鳥の骨・魚の骨】
猫の喉や消化器官はとても細いのです。
大きな骨は喉に詰まって窒息したり、消化器官に詰まって腸閉塞を引き起こす可能性があります。
魚の鋭い骨や、砕けやすいトリの骨は、突き刺さりやすく危険です。
万が一刺さっても、猫は「骨が喉に刺さったの」なんて説明してはくれません。
骨はきれいに取り除いてから与えるようにしましょう。 

▲ページのトップに戻る

 

【生の豚肉】
生の豚肉には、人獣共通感染症の一つである「トキソプラズマ症」の感染源となる、トキソプラズマ(原虫)のオーシストという卵のようなものが含まれていることがあります。加熱すればオーシストは死滅します。

 

【牛乳やチーズなどの乳製品】
猫には牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素が少ないので、下痢を起こすことがあります。また、子猫には猫用のミルクを与えてください。

【醤油・塩】
ドライ・缶詰タイプのキャットフード以外に、魚や肉などを与える場合に、醤油・
塩などで味付けをする人がいますが、強い塩味などをつけると吐き気を起こしたりすることがあり、健康によくありません。
同様に塩焼きの魚やみりん干しの魚なども注意が必要です。

▲ページのトップに戻る

【刺激の強い香辛料】
わさびやこしょうなどの香辛料は、胃を刺激して感覚を麻痺させる恐れもあります。

 

【冷蔵庫から出したばかりのもの】
冷蔵庫から出したばかりの冷たい食べ物は、寒冷刺激によって腸炎を起こすことがあり ます。常温に戻してから与えてください。

【チョコレート】
カカオマスに含まれる成分が猫に下痢や嘔吐・神経系の病気などを誘発する恐れがあります。

 

【お菓子、甘いもの】
糖分や脂肪分の過剰摂取となり、肥満の原因となります。
肥満は猫でもよくありません。
また、お菓子には、甘さを引き立たせるため、塩分も相当量ふくまれているものです。
塩分の過剰摂取にも注意が必要となります。

【ドッグフード】

ドッグフードにはネコに必要なタウリンや蛋白質が不足しているため病気になる場合があります。

▲ページのトップに戻る

犬メニュー
menu
犬メニュー
犬メニュー
犬メニュー
姪犬
猫メニュー
猫メニュー
猫メニュー
猫メニュー
猫メニュー
トップ
 
 

Copyright(C) 2008 Dog or Cat All Rights Reserved